ブログ

診療態勢


 

ウィルスの猛威で院内の環境管理が改めて問われています。

 

すがわらデンタルクリニックでは、開業当初より多くの感染対策を行ってきました。
滅菌やアルコール消毒、使用器具の入れ替え・滅菌。
その他にも、換気を室外へ送る口腔外バキュームの各ユニットへの設置。
また、次亜塩素酸水の超音波加湿器での空中除菌など。
それは、今回のコロナウィルスに対するものだけではなく、普段より感染症の患者さんを治療したり、毎年流行する様々なウィルスに対する万全な対応です。

 

20-05-12-10-56-56-198_deco

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歯科医院の中は常にそのような状態を保っていますので、患者さん同士の感染というよりは、医療従事者への飛沫感染をさせないという観点で行っているものです。

 

歯科治療は、計画的に行っていかなければならない診療です。
また時間を置くことで病状が悪化したり、取り返しのつかない不可逆的なことも多くあります。
私たち歯科医療従事者は、皆様のお身体の一部を治療なおかつ機能させることが目的ですので、ぜひ自己判断されずにお問合せいただきたいと思っております。

 

さて、そんな中、以前より進んでいた治療を終えることができたケースです。

 

DSC_0337

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お手伝いすることができ、私たちも喜んでおります。
自然な状態がいつまでも続く、それがいい結果です♪

 

DSC_1009

 

皆様へのお願いです!


 

今年に入ってのコロナウィルスによる世界情勢は脅威を感じます。
どの業界でも自粛要請による打撃もあり、今後どのようになっていくのか不安を感じますが、やはり感染し発症をし苦しんでおられる方々を想うと健全である私たちに出来ることを考えていかなければいけません。

 

当院では、歯科医療を提供している立場から、常日頃から感染対策は万全にしております。
患者様の中には他の感染症をお持ちの方も多く、そのために口腔外バキュームを各ユニットに設置したり換気システム、滅菌消毒の徹底をしております。
そのため、院内での患者さんへの感染は考えにくく、また報告もありません。

 

しかし、感染されている患者さんから歯科医療従事者への感染が報告された今、下記の通り皆様へのお願いをしたいと思います。
当院のスタッフは全員、徒歩または自転車での通勤で、また独り身でもあるため医院での感染が考えられてしまいます。
そのようなことがないよう、皆様のご協力をお願い致します。

 0001

 

ただし、治療が途中では困ってしまう方もいます。

また口腔内の環境がウィルス増殖にも大きく関わることから、専門的なクリーニングが皆さんのお身体を守ることも出来ます。
歯科医療は決して自粛する業種ではありませんし、それによってむしろ健康を保てると考えております。

 

安心して通院していただきたいと思ってはおりますが、公共機関をお使いの方、ご高齢で急を要しない治療の方は、ご予約の延期をお願い致します。
よろしくお願い致します!!

ブリッジにはご注意を!


 

歯を失った・抜いた時によくされる手段に「ブリッジ」というものがあります。

 

前後(もしくは変則的には前方、後方)2本の歯を削り、失った歯をつなげることで再現する方法です。

 

利点としては、入れ歯のように出し入れをせずに合着するため煩わしさは軽減します。
しかし欠点としては、前後の歯を削らなければならないことと、何より、自分の歯のように磨いていては長持ちしないということです。

 

「え?自分の歯なんだから普通に磨いていいんじゃないの?」と思われるかもしれませんが違います。
結局、無いものを在るようにするし、3本を2本で支えるんです、特殊な方法で手入れしなければその次は大変です。
これは、繋がった歯を清掃するときも同じです。

 

山下_ひとみ2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このように、ブリッジにして使っていたのでしょう。
だんだんに後ろの歯が虫歯によって無くなり、ぐらつくまま使用して前方の歯も失うことに。。。

 

これには、からくりがあります。
実は、真ん中の歯が無くなった時にちゃんとした手入れ方法、定期的検診を行っていないと、後ろの歯が無くなって部分入れ歯
その手前まで無くなると入れ歯は当然、反対側まで伸びた大きな入れ歯を作ることになります。

 

最初の治療でどこまで意思疎通を持ってこのブリッジを守っていこう!としたでしょう。
脅すわけではないですが、その後の話、リスクを話すことは意識改革には繋がります。

 

DSC_0084

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで有効なのが歯間ブラシです。
毎日行っていただきますが、慣れてくるとあっという間に通すことができるため、そこまで手間暇かかりません。

 

DSC_0077

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前歯の連結部位も同様ですね。

 

つなげる以上は、ここに何かしら清掃道具が通せるように私たちは設計します。
その際は、大きすぎると隙間が広がってきますし、小さすぎると効率が悪い。。。
そこを見極めてくれるのが衛生士さんですね!
最初の隙間の大きさが極力変化をしないようにメインテナンスを行います。これぞ技!!

 

歯をくっつけたり四角い歯を入れることで隙間のないように見せる技は、本来の技ではないですぞ!
出血の出る歯ブラシ、歯間ブラシなら何か問題があります。今一度、確かめてください!

 

綺麗な歯茎で今日も行きましょう!!

ダイレクトボンディングという考え方


 

虫歯ではない。けど、形や色が気になる。

 

歯を削ると元には戻らない。

 

そんな時、ダイレクトボンディングという考え方があります。

 

使う素材は、コンポジットレジンというものですから、ポーセレンに比べると耐久性には劣ります。
しかし、その場で作業が終わりますし、安価でもあります。

 

今回は、20代の女性。
ダイレクトボンディングで修復。

 

20-02-17-11-15-37-072_deco

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私たちには、それを行える技術が必要にはなりますが、患者さんへの提案と説明を行い同意を得ることが出来たら、いい結果を得ることが出来ます。

 

ひとつの考え方として提案させていただけたらと思っています。

歯科技工士さんの講演会


 

2月23日、名古屋で活躍されている歯科技工士さんのグループ「Ziel NAGOYA」のメンバーが鹿児島に集まり、初の地方講演会を行いました。
その講演にあたり、これまた初の歯科医師演者として今回、発表をさせていただきました。

 

1580110462690

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歯科技工士さんとは同じ業界で仕事するとはいえ、なかなか同じ講演会を開くことは少なく、私の所属するスタディグループ赤坂会では毎回技工士さんの参加者も多く、発表をしてくださることも多々ありますが、ほかの講演会では珍しい光景なんです。

 

そんな中、演者として選んでいただき、チームワーク医療という題材で技工士さんに伝えたい内容をふんだんに盛り込んで講演させていただくことが出来ました!

 

1582548041203

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私たちは同じ業界の人間です。
一人の力では動かすことの出来ないこともたくさんありますが、互いに尊敬しあえなければいい仕事にもつながりません。
まず、自分の仕事が完璧であること。そして人として細心の注意を払い次の仕事へお渡しすること。相手の意見を十分に反映し、それを受け入れること。
それは、歯科医師・歯科技工士・歯科衛生士の三者共に必要です。

 

私たちの歯科治療は、人の体の一部を治療し、改善し、新たな部位を作る匠の仕事でもあります。
まずは、施工側の技量が問われますよ!ということですね!

 

互いに切磋琢磨し、素晴らしい業界を作っていきたいと願っております♪

審美歯科治療とホワイトニング


 

去る1月26日、関西で活躍されている二人の歯科衛生士さんをお迎えして「審美歯科治療ホワイトニング」という講演会を開催しました!

 

審美歯科治療のメインテナンスについて講演していただいた丸橋りささんは、グローバルに活躍されている方で、様々な分野のプロフェショナルです。
京都を拠点に全国各地で講演をされていますので、今回の鹿児島が実現したことを嬉しく思っていました!

 

DSC_0785

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二人目の佐藤朱美さんは、ホワイトニング&オーラルエステのプロフェショナルで、ご自身でホワイトニングサロンを3件、カフェを1件経営していらっしゃいます。
佐藤さんも毎日のように全国各地を飛び回り、歯科医院での育成や手技の伝達を行っていらっしゃいます!

 

20-01-26-17-17-39-449_deco

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回、お二人のお話を聞くにあたって、私自身は、歯科衛生士さんとして活躍されていることは当然ですが、そのモチベーション維持や時間の使い方など、同じ女性としてどうしているのか、そこも興味がありました。
また、女性の活躍する世界で、こんなにも輝いている二人に、少しでも多くの刺激をいただきたく思ってもいました!

 

20-01-20-11-57-52-683_deco

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホワイトニングに関しても、まだまだ勉強不足な部分もあったりし、本当にお二人の講演を拝聴できたこと、また今後の歯科についてお話ができたこと。
素晴らしい時間となりました!!

 

新年明けましておめでとうございます!!


 

2020年!!
新年明けましておめでとうございます!!!

 

オリンピックイヤーの今年は、年初めから日本中賑わっていますね♪

 

20-01-09-11-48-24-471_photo

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年、すがわらデンタルクリニックは開業6年を迎えます。
私たちは、この6年間、チームワークを大切にしてきました♪
その甲斐あって、歯科医師としても歯科衛生士としても講師として招かれたり、多くの講演会で壇上に立たせて頂きました。

 

スタッフの入れ替えもありますが、会話することを大切にし、皆で診療や解決に向かうよう心掛けています。
たくさんの信頼のもと、患者さんもスタッフも多くの笑顔が生まれました。

 

_20200109_120552

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、年初めの1月26日(日)は今年第1弾!

下記の講演会を主宰します♪

 

写真5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また今年も鹿児島の歯科のため、さまざまな試みをしていきます!
2020年もすがわらデンタルクリニックをよろしくお願いいたします♡

 

デジタルデンティストリー


 

近年、3Dプリンターが身近になり、一般的にも用いられるようになってきました。
その背景には、デジタルが進歩し、スキャナーで読み取ったり、それをPCの中で組み立てたりできるようになり、そこまで専門的な機械がなくても操作可能になったことです。

 

歯科にも、そのデジタルの世界がかなり浸透し、今では直接お口の中の型を取らずとも、模型がなくとも、歯を作れるようになってきました。
今回、当院の技工物の製作をしてもらっている技工士の一人、荻田さんが「日本技工」という雑誌で「デジタルワックスアップの勧め」という題材で執筆した中で、当院の症例を載せてくれました。

 

19-12-14-10-07-23-885_photo

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

荻田さん、鹿児島県歯科技工士会の学術理事として、当院スタッフの菅原くんとともに活躍中です。

 

19-12-14-10-08-02-894_photo

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの症例、左上の犬歯~第1大臼歯までのブリッジですが、本当にキレイに装着できました。
3Dでワックスアップという作業をし、それを読み込み製作する技工です。

 

19-12-14-10-08-24-205_photo

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、この雑誌の画素が悪くてあんまりキレイに見えない!と(笑)
では、本当の写真はこちら。。。

 

DSC_0555

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎回書きますが。
確かに何度もかからずササっと終わるのは理想的かもしれません。
私たちも故意に回数を重ねるわけでもないですし、ご足労いただいていることを理解しています。
でも、結果として長期的に安定し、そして機能するものを装着するのに、目先の回数を気にしてはいけないんです。
体の一部を作る、それに多くのスペシャリストが集結していることをご理解ください。
治療途中のご不便もできるだけ少なく、そして結果が最高のものになるよう、私たちも頑張ってまいりますね♪

鹿児島講演会


 

私は7年になりますが、「スタディグループ赤坂会」という歯科の勉強会の会員です。
1992年に寺西邦彦先生を主宰に発足した会で、年に3回東京国際フォーラムで例会、年末には特別講演会が開催されており、全国各地より多くの歯科関係者が集まります。

 

私は、この赤坂会が初めて「スタディーグループ」というものに触れたこともあり、仕事としている歯科診療に対する基礎的な知識とその重要さを学ぶことができました。

 

また、赤坂会をはじめとする大きな会では、会員発表もあり毎回勉強された先生方の治療ケースを見る機会もあったり、様々な分野で活躍される先生の講義もあります。
そして会員外の方々の参加も認められていたり、技工士さん、衛生士さんもたくさん参加されていて、毎回いろいろな刺激を受けています。

 

さて、その赤坂会ですが、今年、メンバーの先生方が本を出版されたことを記念して盛岡、博多で講演会を行いました。
そこでぜひ鹿児島でも行ってもらいたい!と鹿児島県唯一の会員である私が声を上げさせていただきました。

 

寺西先生はじめ会長の中丸先生、ほか多くの先生方の協力のもと、初めて鹿児島講演会が実現したんです!!

 

DSC_0699

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は、赤坂会会員になって以来、一度は鹿児島の先生方に聞いてもらいたい!と願ってまいりました。
そして今回は予想をはるかに超えた人数が集まり会場はぎゅうぎゅうになってしまう程でした。

 

DSC_0706

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また内容的にも、赤坂会ならではの審査診断の大切さ、義歯設計のノウハウなど日本の歯科の神髄ともいえる精密かつ精巧な治療内容の発表でした。
鹿児島からは、歯科衛生士さんからなる「はみがきプロジェクト」のメンバーがお手伝いいただき、大いに盛り上がった講演会となりました。

 

DSC_0712

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歯科治療のクオリティは世界においても決して引けを取りません。むしろ技術的にはハイレベルであると言えます。
それでも様々な材料や器材が発達する中で、学ぶことや技術を磨くことを怠ってはついていくことが出来ませんし、お口の中の小さな歯を治療するという匠の技を磨くことを休んではいけない。
どの医療機関も同じクオリティではないと思っています。
これからも学ぶことを忘れずに精進していきたいと思います!!

 

DSC_0711

 

°✧セラミックインレー✧°


 

「セラミック」

 

最近、よく耳にするかもしれません。
セラミックのフライパンや包丁なども存在します。汚れが付きにくく丈夫、そんなイメージでしょうか。

歯科で使われるセラミックは「白い」「キレイ」と言われますが、同様に汚れが付きにくく丈夫!
「銀歯とどのように違いますか?」
との質問には「何もかもが違います」といったところかもしれません(笑)

 

 

さて、今回の患者さんは「銀歯を白くしたい」というより「長持ちするものへ変更したい」ということで銀歯をセラミックインレーへ変えていく治療を行いました。
「総額、そうとう高いんでしょ」と思われがちですが、銀歯のやり替え+歯の代償を考慮すると断然価値のあるものだと考えます。

 

DSC_0616

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0619

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回、上の奥歯に関してはご希望がありませんでしたので、こちらの仕上がり♪
料金に関してHP等での発表はしていませんが、実は低コストが実現しています。
安い材料使ってるんじゃない!?下手な技工所でやってるんじゃない??

 

安心してください(笑)
当院は、セラミックインレーの代表でもあるe.maxインレーを使用し、経験豊富な技工士さんが手作業で丁寧に作っています!!
ただし、歯の削り方を丁寧に行い研磨まですることで手直しや失敗がない模型を提出。そして、技工作業がスムーズに行くことで、技工士さんが必要とする経費が少なくて済む。
また、同じ技工士さんと毎日取引があることを条件に小臼歯25,000円、大臼歯35,000円のローコストを実現しています!

 

DSC_0772

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0770

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして接着方法に関しても、一般的なレジンセメントを使用せず、特殊な接着方法をすることで長い間、安定。
境目の全く目立たないインレーとなっています。
(この接着に関しては、また記事を載せます)

 

銀歯と違い削る量も少なくできる、セメント接着ではない汚れの付きにくいセラミック。とてもいい材料だと思います♪

1 / 1412345...10...最後 »

バックナンバー

ページ先頭へ戻る