ブログ

鹿児島講演会


 

私は7年になりますが、「スタディグループ赤坂会」という歯科の勉強会の会員です。
1992年に寺西邦彦先生を主宰に発足した会で、年に3回東京国際フォーラムで例会、年末には特別講演会が開催されており、全国各地より多くの歯科関係者が集まります。

 

私は、この赤坂会が初めて「スタディーグループ」というものに触れたこともあり、仕事としている歯科診療に対する基礎的な知識とその重要さを学ぶことができました。

 

また、赤坂会をはじめとする大きな会では、会員発表もあり毎回勉強された先生方の治療ケースを見る機会もあったり、様々な分野で活躍される先生の講義もあります。
そして会員外の方々の参加も認められていたり、技工士さん、衛生士さんもたくさん参加されていて、毎回いろいろな刺激を受けています。

 

さて、その赤坂会ですが、今年、メンバーの先生方が本を出版されたことを記念して盛岡、博多で講演会を行いました。
そこでぜひ鹿児島でも行ってもらいたい!と鹿児島県唯一の会員である私が声を上げさせていただきました。

 

寺西先生はじめ会長の中丸先生、ほか多くの先生方の協力のもと、初めて鹿児島講演会が実現したんです!!

 

DSC_0699

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は、赤坂会会員になって以来、一度は鹿児島の先生方に聞いてもらいたい!と願ってまいりました。
そして今回は予想をはるかに超えた人数が集まり会場はぎゅうぎゅうになってしまう程でした。

 

DSC_0706

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また内容的にも、赤坂会ならではの審査診断の大切さ、義歯設計のノウハウなど日本の歯科の神髄ともいえる精密かつ精巧な治療内容の発表でした。
鹿児島からは、歯科衛生士さんからなる「はみがきプロジェクト」のメンバーがお手伝いいただき、大いに盛り上がった講演会となりました。

 

DSC_0712

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歯科治療のクオリティは世界においても決して引けを取りません。むしろ技術的にはハイレベルであると言えます。
それでも様々な材料や器材が発達する中で、学ぶことや技術を磨くことを怠ってはついていくことが出来ませんし、お口の中の小さな歯を治療するという匠の技を磨くことを休んではいけない。
どの医療機関も同じクオリティではないと思っています。
これからも学ぶことを忘れずに精進していきたいと思います!!

 

DSC_0711

 

°✧セラミックインレー✧°


 

「セラミック」

 

最近、よく耳にするかもしれません。
セラミックのフライパンや包丁なども存在します。汚れが付きにくく丈夫、そんなイメージでしょうか。

歯科で使われるセラミックは「白い」「キレイ」と言われますが、同様に汚れが付きにくく丈夫!
「銀歯とどのように違いますか?」
との質問には「何もかもが違います」といったところかもしれません(笑)

 

 

さて、今回の患者さんは「銀歯を白くしたい」というより「長持ちするものへ変更したい」ということで銀歯をセラミックインレーへ変えていく治療を行いました。
「総額、そうとう高いんでしょ」と思われがちですが、銀歯のやり替え+歯の代償を考慮すると断然価値のあるものだと考えます。

 

DSC_0616

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0619

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回、上の奥歯に関してはご希望がありませんでしたので、こちらの仕上がり♪
料金に関してHP等での発表はしていませんが、実は低コストが実現しています。
安い材料使ってるんじゃない!?下手な技工所でやってるんじゃない??

 

安心してください(笑)
当院は、セラミックインレーの代表でもあるe.maxインレーを使用し、経験豊富な技工士さんが手作業で丁寧に作っています!!
ただし、歯の削り方を丁寧に行い研磨まですることで手直しや失敗がない模型を提出。そして、技工作業がスムーズに行くことで、技工士さんが必要とする経費が少なくて済む。
また、同じ技工士さんと毎日取引があることを条件に小臼歯25,000円、大臼歯35,000円のローコストを実現しています!

 

DSC_0772

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0770

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして接着方法に関しても、一般的なレジンセメントを使用せず、特殊な接着方法をすることで長い間、安定。
境目の全く目立たないインレーとなっています。
(この接着に関しては、また記事を載せます)

 

銀歯と違い削る量も少なくできる、セメント接着ではない汚れの付きにくいセラミック。とてもいい材料だと思います♪

女性ならでは


 

女性の患者さんは、審美的な問題で治療を行うことが多々あります。

 

そして女性である私が治療を行い、女性の歯科衛生士さんが歯肉の管理を行う。
よく「先生の治療された歯は、本当にそこに生えていますね」といわれます。
女性ならではの取り扱いと心遣いの審美歯科治療です。

そう、皆さんの歯は、ちゃんとそこに生えたように治療されていますか??

 

DSC_0741

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左上1番目の歯の変色

 

DSC_0751

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは仮歯で大きさ、方向、厚みなど患者さんと十分にディスカッション

 

1571105987659

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あとは、削り方・歯の中身は歯科医師の仕事。
歯肉のコントロールは歯科衛生士の仕事。
色合わせ・歯の製作は歯科技工士の仕事。

 

1571105991163

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それに加えて、患者さんがお伝えした通りの歯磨きをしてくださり、来院日にきちんと来院してくださった結果。
これから長い時間の経過とメインテナンスはお任せください。

 

女性ならではの心遣いのある治療です♪

審美歯科治療の気持ち


 

先日、以前に来ていらした患者さんからのご紹介でいらした女性の方がいました。
市外に住所があり、何時間もかけて来てくださっていました。

 

お話をお聞きすると、前歯の痛みを突然感じ、東京にいらした間に応急処置。
鹿児島に帰ってきてから根の治療を何度もするが痛みが全く治まらない。
セカンドオピニオンを受けると、「隣の歯が原因」と抜歯をされたが変わらず痛い。

 

そこで、通っている美容師さんに悩みを話したところ当院のお話をされた、ということでした。

 

拝見すると、すでに前歯1本抜歯、となりの歯を削って仮歯が入っていました。
他の歯を精査すると、もともと先天的に歯が少なかったり、小さく生えてきたり、と。
たくさん問診するうちに、歯が少ないことがコンプレックスになっていることも分かり、歯を治療することに恐怖を感じているのも分かりました。

 

DSC_0691

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

患者さんによっては歯科治療が全く怖くない人もいらっしゃいますが、大半の方はどんな治療でも怖いと感じるのは当たり前ですよね。
期限のない痛みもストレスです。

 

遠くから通っていただきながら、根の治療をしっかり行い、痛みも取れ、歯肉も整いました。
ここまで来ると自然と恐怖心がなくなり、だんだん楽しみになってきた、と話してくださいました。

 

DSC_0692

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最終的には、キレイなものを入れたい!とポーセレンの歯を選択。
金額的には保険診療と比較すると決して安くはありませんが、きっと患者さんの気持ちを察すると、それほど大事な歯であったんだろうと思いました。

 

DSC_0722

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後には、涙を流して喜んでくださいました♡
私たちもうれしい!!

 

大切なことは、決して高い治療を選択されたことではありません。
満足いく治療を受けれたという心の満足です。
そのためには、私たちクリニックのメンバー全てが高い技術を持ち、知識を蓄え、それを発揮すること。
納得いく結果を出すことに尽きます。
施工した人にしか分からない、これからも大切に守らせてください♪

三度目の正直!


 

歯の色は、人それぞれ、年齢や人種によっても様々です。

現在では、撮影した写真を分析することが出来るようになり、技術のある技工士さんであればある程度、どのような色で構成された歯であるか分かってもらえるようになってきました。

当院の歯を製作してくれるZahn dental Lab,の峯崎くんも色合わせがとても上手ですが、今回、とある患者さんの色を決めるのに3回もかかった、というお話です。

 

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

患者さんは、60代女性。
右上の犬歯がだんだん移動してきた、とのきっかけで来院されました。
細かいことをお話しすると、この原因は臼歯にあります。
要は、犬歯誘導がうまく行われていないということなんですが、それは反対側に起こっている早期接触に原因があり、当然、その治療を行ってから、この主訴である犬歯も治療を行っていくことになりました。

 

DSC_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは、チェアサイドで仮歯へ変更。
この時は、形だけでなく、歯肉の状態を整え、顎の動きと調和できているか、削る量も十分であるか、などいろいろと検討を行います。

 

DSC_3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして色合わせ。
写真をどのタイミングで撮影するか、角度やカメラ設定など、確認を行いました。
また、この患者さんのように日本人の女性は上顎の前歯を取り巻く歯肉の厚みは1mmにも満たないことが多くあり、乱暴な扱いをしたり削り方が荒かったりすると、あっという間に退縮し無くなってしまいます。
丁寧に扱うことで、写真のように上から被ってくれるようになり、また歯が入ったあとも十分に安定した歯肉になってくれます。
(ココ、とても大事なので、はやく治療をしたいのはよく分かりますが、十分な時間をかけることで予後がとてもよくなりますよ)

 

DSC_4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初の色、、、あら?ちょっと暗い。

う~ん、今日はとりあえず写真撮影だけして、もう一度トライ。

 

DSC_5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2回目、うん??
今度は透明感に欠ける。。。ごめんなさい、もう一度!
患者さんは「先生、私は何度でもいいんですよ、納得いくものをしてくださる方がいいです」と。
ありがたい♡

 

さぁ、三度目の正直!!
上手くいきました!!
患者さんも納得の綺麗さ♪

 

DSC_6

 

 

 

 

 

 

 

 

治療は、1度で完璧なのはとても素晴らしいことでもありますが、どうしても上手くいかないことがあります。

でも、きっと患者さんが信頼してくだされば、上手くいくまで何度でもトライさせていただき、互いに納得いくものを提供できます。
当然、その間の費用はいっさいかかりません!

 

歯肉も隙間を埋めるように伸びてきています!

これから毎日使う歯ですから、いつまでも大切に使っていきたいですね♡

 

DSC_7

衛生士さんのためのセミナー


 

7月14日を皮切りに、鹿児島の衛生士さんのためのスキルアップセミナーをスタートさせました。

 

 

今回、このセミナーは当院の主催で行い、講師の選出や依頼も含めて行いました。
当初、15名程度の参加予定を考えていましたが、最終的には30名の参加がありました。

 

 

第1日目・前半は、熊本で活躍され全国でも講演や勉強会を主催されている衛生士の「本田 貴子」さん。
インプラントメインテナンスについてのご講演を依頼しましたが、衛生士としての本質や誠意についてのお話もあり、スタートとして素晴らしいお話をいただきました。
また最後には、熊本の衛生士コミュニティーを成功させたその功績の秘訣をお聞きし、鹿児島へのアドバイスをいただきました。

 

 

1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後半は、鹿児島出身で現在愛知県で診療をされている精神科医の「増田 さやか」先生。
歯科治療を受ける患者さんの心理や精神疾患によって投薬を受けている患者さんの留意点など、多肢にわたりお話をお聞きすることができました。
また増田先生は発達障害や減断薬サポートを行い、薬に頼らない多様なアプローチの講演を行っており、そのアドバイスすもいただくことが出来ました。

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第2日目の前半は、拡大鏡を使用した実習。
日本歯科商社の協力のもと、最近では学生さんで常識となってきた拡大鏡を使用した歯科治療を体験してもらいました。
普段はなかなか検討することのできない拡大鏡ですが、実際使用してみることで身近に感じてもらえたのではないかと思います。

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後半は、鹿児島で開業されている「茆原 かおり」先生。
先生は、日本でも有名な西川善昌先生のコースインストラクターを手掛け、多くの咬み合わせについての著書を手掛けていらっしゃいます。
今回は「衛生士に知って欲しい咬合」ということでお話いただきましたが、歯科衛生士と歯科医師と手を組んでいかなければいい治療はできないと強くお話していただきました。

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第3日目の前半は、鹿児島のラジオやTVで活躍している「福元 ゆみ」さん。
人に伝える言葉とは、ということで実践的に互いに話してみたり、動物になりきってみたり。
何よりも、うまくいかない時やコミュニケーションが取れない時は、相手を好きになってみることから初めてみてくださいという言葉には、みなさん様々な反応をしていました。

 

 

5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後半は、今現在、彼の講演の人気は一番なのではないか、と言われるほどの「角祥太郎」先生が千葉から来てくださいました。
彼の書くブログやSNSの内容、TV出演の時の話は笑なしには聞くことが出来ません。
「腑に落ちて」のくだりから「医院と共に成長する」ことまで、同じ職場ではたらく異業種の人同士であれば誰しも納得でき共感できるような話にあっという間の時間となりました。

 

 

6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最終日、4日目の前半は、歯科技工士として活躍中の「峯崎 稔久」lくん。
鹿児島で開業しながら様々な講演会で講演したり、活躍されていますが、人の好さで仕事にも丁寧さが表れる人柄も好かれています。
歯科技工士がクリニックに求めるものが理解できれば、衛生士としての業務にも目的ができ、間違いのない取引ができるようになります。
そしてコミュニケーションを互いにとることで、患者さんに優しい被せものが出来るという訳です。

 

 

7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後半、最後の講演者はラストを飾るにふさわしい「田中 真喜」先生でした。
先生は最年少最短で歯周病専門医を取られたり、日本人初のレーザー指導医になられたりと世界中で活躍され、ウィキペディアにも掲載されている人物です。
可愛らしい外観からは想像もできないほど、治療に関しては素晴らしく、またパワフルな治療も行っています。
とにかくこんな技術を持ち、こんなに健康維持に貢献している職業の人はいない、と何度も言ってくださいましたね。
それほど、歯科衛生士とは大切な業種だということを知り、自信を持ってそのパワーをいつまでも発揮していただきたいものです!

 

 

8

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当院の衛生士さんたちも大活躍でした!!

 

9

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆様のご活躍を心よりお祈り申し上げます!!
2か月間、おつかれさまでした♡

 

10

高齢者治療


 

8月に入り、暑さも本格的!
ご高齢の方々は来院だけでも一苦労です。

 

春先に「歯が折れた」ということで、治療を始めた80歳の患者さん。
入れ歯も入っていますし、折れた歯は入れ歯の金具のかかっている歯でもありました。
さて、、、治療は少し長くかかるかもしれません。

 

DSC_0488

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先に、歯周病治療や仮歯の作成、新しい入れ歯の設計と。

 

何度も来院されるし、型取りやら。体力も必要でしたね。

出来上がり。
ちょっと前咬みになってしまっていますが。

 

DSC_0560

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご高齢の方の治療は、さまざまな配慮が必要です。
長時間寝かすことやたくさん出る注水による切削、来院に伴う体力など。
しかし、治療自体はとても大切なことでもありますから、その状態に応じて判断してまいりますので、ご要望を伝えることも大切です。
顔貌も安定しました。

 

DSC_0564

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今後は、この状態の維持が大切。
たまには来院してクリーニングを受けるという感覚を持っていただけるといいですが♪

糖尿病連携とは言うけれど…


 

近年、歯科(口腔細菌)と医科(全身疾患)とのかかわりについての話題を耳にします。

口腔細菌が血管をつたって全身へ運ばれ、さまざまな病気を引き起こしたり、病状の悪化を起こしたりするからです。
歯科では当たり前のこととして熟知していましたが、ようやく一般的な常識へとなってきたのかもしれません。

 

science03_img1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、「大きな手術をするから」「内科の先生が行けと言ったから」といって来院されますが、歯周治療がどれほど大事なのか理解してくださる方は少ないです。
一度で治療が終わると思っていたり、地道な治療を続けていくことが出来なかったり。

 

そして、内科の先生が歯科への受診を勧めるタイミングは、全身疾患も悪化してからという場合が多くあります。

 

佐藤_翔二

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この患者さんは34歳、長くにわたり糖尿病治療を行ってきています。
なぜ最初の診断の段階で歯科への受診を勧めてくださらなかったんでしょう。

 

歯科治療は、歯を支えている骨、口を動かす筋肉、口腔細菌の増殖など、多数にわたりコントロールをしながら治療をしていきます。
しかし、失っているものが多い段階での治療は選択肢が少なく、その機能を取り戻すには限界があります。

 

病気を患っている方はもちろんのこと、健康な方も含めて、歯科受診の大切さを理解してください。

 

 

 

熊本講演会へ!!


 

先日、熊本で行われた日本臨床歯科医学会熊本支部インサービストレーニングセミナー2019「修復治療の新たな展開」に参加して参りました!!

 

今回の講演は日本臨床歯科医学界・最高顧問の「山崎 長郎」先生。
「世界の山崎」や「The top of Dentist」などの異名を持つ日本を代表する先生でした。

 

_20190515_080402

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は10年以上前になりますが、まだ関東で勤務医をしていた頃に、当時の院長先生に連れられて山崎先生の講演を拝聴したことがあったんです。
本当に衝撃的で、繊細かつ精密な治療に感銘を覚えたことは忘れもしません!

 

 

それから、臨床を行う中で、スタディーグループへの参加、勉強する意思の継続など、山崎先生の伝えていらっしゃるものの一つであるこのことを実践してきましたので。
今回、隣県でまた講演をお聞きできると分かった時は、とても嬉しく、すぐに手配をしました!

 

 

 _20190515_080439

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワクワクして参加してみると、やっぱり!
最初のスタートから感激するような内容の講演!!
そしてランチタイムでは、今回、講演会主催で会長でもある熊本の添島先生のご厚意でなんと、山崎先生のと・な・り!!!
ど緊張しました(笑)

たくさんお話もさせていただけました~♪

 

 

_20190515_080420

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回、山崎先生の講演も当然ですか、この講演会を開催された熊本の先生方、実は3年前に飛び込み参加させていただいてからのご縁ではあります。
本当に勉強熱心で情熱にあふれた先生方…隣県でありながら尊敬!学ばなければならないです!

 

また今度は鹿児島で山崎先生のご講演を聞くチャンスを私自身が作れたらいいな、と思う時間でした!!
日本にも世界にもまだまだ素晴らしい先生がたくさんいらっしゃいますが、私本人も歯科医師として当たり前の仕事がきちんと出来るようして行かなければならない、そう思います。
歯科治療や診療制度は、これから大きく変化してかなければならない、そう感じてもいます!
日々これ鍛錬、ですね♪

令和元年!!!


 

本日5月1日から新元号「令和」がスタートしました!
クリニックのパソコンもバージョンアップし、新元号での入力♪

4月の下旬から急に気温も上がり、花壇の花々も咲き始めました!

 

19-04-27-13-46-20-864_deco

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すがわらデンタルクリニックが始まる前の歯科医院の先生が植えたバラ、赤・白・ピンクの花。
今年もキレイに咲きました♪

 

19-04-18-18-58-24-543_photo

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、最近話題の「ロイテリ菌」
先日、院内セミナーでBioGia社の方が広島からお越しになり「バイオセラピー」の考えを教えてくれました。
体内にある細菌は全部合わせると約4KGの容量になります。
その細菌をたたくのではなく、コントロールする、善玉菌を増やす、そんな考え方です。

 

19-04-23-18-38-23-440_photo

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「細菌との共存できる時間が寿命である」
つまり、自分でコントロールを失えば、感染症にかかったり多くの病気を発症します。
健康に生きるということは、病気にかかった後では取り戻せない、予防を大切にしていただけたら嬉しいです!
。。。虫歯や歯を失うこと、歯周病も予防できる病気の代表ですけどね。。。
当院でも「ロイテリ菌タブレット」販売しています!
ご興味のある方は、スタッフまで!!

 

19-04-23-18-39-42-080_photo

 

1 / 1312345...10...最後 »

バックナンバー

ページ先頭へ戻る