ブログ

1週間!


 

移転して1週間が経過しました!

 

たくさんいただいたお花も1週間飾らせていただいて、少しお祝いのお裾分けがあったりで、お気に入りのものをショーケースに飾る余裕が出てきました♪

 

当院で使用しているデンタルフロス!

 

DSC_1102

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イタリア製でもありますが、とにかく使用感がいいんです♪

 

製作しているオーラルケアの歯科衛生士さんと直接知り合いだったこともあって使用し始めましたが、いまやこれ以外のものは使用できない(笑)

 

アメリカでは、フロスを使用しないなんて考えられない!!と言われています。

 

是非とも、お気に入りのアイテムにして欲しいです~

 

DSC_1103

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、歯科技工士の峯崎くんにいただいたオブジェ!

 

海外からお取り寄せしてくれたそうですが、この商品、海外のデンタルショーの写真で見たことがあって頂いた時はビックリ!

 

とっても嬉しかったです♪

 

新しい病院は…というと。。。

 

人の導線を考えて設計しましたし、使用感はとてもいいです!

 

新しい場所でお待ちしていますね!!

移転について


 

平成26年から南林寺で歯科医院専用の物件を縁あってお借りし、診療を行って参りました。

 

令和3年2月15日㈪をもって、ここでの診療を終えることとなりました。

 

令和3年2月24日㈬より、新規「新屋敷町29-4」にて新すがわらデンタルクリニックが始まります。

 

今回、診療室の規模も大きくなり、またCTやレーザー・顕微鏡などの精密機械の増設など、多肢にわたりグレードアップしています。

 

建物1階が駐車スペース、2階診療スペースへはエレベーターを使用して上がることが出来ます。

 

個室と顕微鏡設置特設ブースのほか、メンテナンス専用のチェアーも完備しています。

 

そして、補綴専門医・外科専門医・歯科技工士が在中、洗練された技術の歯科衛生士。

 

ぜひともその違いを感じていただけると思っています。

 

これからのすがわらデンタルクリニックもよろしくお願い致します!!

 

 

Screenshot_20210208-111703

新年明けましておめでとうございます。


 

コロナ渦の中、2021年がスタートしました。

 

昨年は本当にいろいろなことで世界中が大変な1年を過ごしたように思います。
この2021年という年は、それが少しでも改善し、元通りかニューノーマルか、いずれにせよ前進していって欲しいと願っています!

 

さて、本年は2月24日より場所を南林寺から新屋敷に移動して診療がはじまります。
そのため2月16日から23日まで休診とさせて頂きます。
通院中の皆様へはご迷惑をおかけしますが、診療内容へは影響しないよう考慮いたしますのでよろしくお願い申し上げます!

 

 

新住所は
〒892-0838 鹿児島市新屋敷町29-4(旧増田歯科跡地)
℡099-295-6024(現在と同じ)

 

 

駐車場完備(隣にもコインパーキングがあります)、バリアフリーでエレベーターも完備されています。
また衛生管理も徹底した環境設備にしておりますので、安心して来院してください!

 

今年最初の審美症例。
奥歯の治療も必要ではありますが、本人の至っての希望で前歯から。。。
そこでテンション上げて、精神的にも安定してからゆっくり治療するのも大丈夫です!!

 

DSC_1437

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ試適段階で、途中経過ではありますが、形や色のチェック!
患者さんも楽しみにしているようです!!

 

DSC_1598

 

 

 

 

 

 

 

 

ではでは、本年もよろしくお願い致します!!

 

 

2020年も終わりですね…


 

2020年、令和2年も終わりに近づいてきました。

 

診療は、日々、こつこつと頑張っています。

 

今年も審美的な悩みで来院される方がたくさんいらっしゃいました。

 

私たちに出来ることは、キレイにすることだけでなく、維持と機能を大切にしています。

 

「維持」は、長くもつだけでなく、他の組織との調和も目指します。
歯茎は腫れませんか?歯ブラシやフロスは難なく使用できますか?

 

「機能」は当然、咬むことですが、それだけでなく唇の動きや話すことなど、不自由なく行えるよう形態を決めています。

 

これらをきちんと行うと、必然的に誰が見てもキレイに見えるんです。

 

 

DSC_1443

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年内、最後のセットとなった審美ケースです。

 

 

DSC_1463

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

綺麗になりました!
素敵なクリスマスを過ごしてください♪

セット後の変化


 

歯科治療は、治療途中や結果だけに目がいってしまいがちです。

しかし、私たちはその後の経過に伴う変化や長期にわたる安定をゴールにしています。

いれたばっかりの歯が綺麗なのは当たり前ですから。。。

 

DSC_1293

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、右上の3番目の歯から右上1番目の歯までのオールセラミック・ブリッジ。

 

DSC_1331

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

装着後、2週間目。

歯と歯の間の歯肉が盛り上がり、隙間を埋めてきているのが分かります。

いれた直後に歯肉がみっちりあるのは逆に後の炎症に繋がります。

だんだん歯肉が伸びてきて、健康な色で歯を覆ってくれるのが大切です♪

長期安定、そんなところにも注目してみてくださいね!!

歯周病の初期治療


 

近年、全身疾患との関りやウィルスなどの感染症との関りがとても深いといわれる歯周病ですが。
その初期治療はとても重要です。
知識と技術がないと、病状が長引いたり悪化したりする可能性があるんです。

 

DSC_1415

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

患者さんは、60代女性。
他院で2年間の歯周病治療を行っていましたが、徐々に症状は悪化。
最近では、朝起きると口の中が血でいっぱいになっていたり、喉に血痕がたまっていた様子。

 

すぐに全身疾患について問診を行いました。
貧血、白血球数、糖尿病、高血圧。。。
血液検査の依頼をさせて頂きました。

 

スケーリングは出血を伴う治療ですので、一度全身に敗血症を起こすと言われています。
ブラッシング指導を行い、最低限の侵襲でのスケーリング。

 

すると、たったの2回の来院で寝起きの出血が気にならないくらいになりました。。。と!

 

大切なのは、張り切った歯石除去や麻酔下での歯肉刺激ではありません。
患者さん毎に異なる病状に対する適切な対応です。

 

そして、歯科衛生士さんの適切な部位への優しいアプローチ♡
安心して任せられる技術を大切にしています!!

 

いくつになってもキレイでいます!


 

70代女性の患者さんです。

 

もともと、上顎の犬歯が先天的に欠損しています。
来院されたときには、奥歯の欠損もありましたが、左上の歯が抜け出てきていました。

 

右上の歯がないままになっているために、左上の歯が抜け出てくる、、、
不思議ですが、それが原因だと判断しましたので、当然、歯のないところには入れ歯をいれさせて頂きました!

 

DSC_1211

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご本人は、このあとどうなるのか?が不安だった様子です。

 

前歯の治療の提案をこちらからさせて頂きました。

 

抜け出ている歯も含めて連結することで、強固となり、犬歯の欠損によって起こっている咬み合わせの不安定さを改善すべく誘導を確立。

とうぜん、神経は抜きません(笑)

 

DSC_1283 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

治療の内容を話しても、不安はあったようです。
言葉で話しても、実際に見てみないと分からないですもんねっ!

 

でも、最後には笑顔で「やって良かった~」と(^^)
他の歯の色が気になってきたようで「ホワイトニングもやってみたい!」と。
いくつになっても女性は綺麗でいたいものですね♡

歯の位置や方向


 

もともと入っている差し歯が調子が悪い。
形が気になる。
歯茎が腫れる。

 

と、いった具合のことで相談されることがあります。

 

その多くは、ブラッシングや歯間の掃除器具の指導不足、もしくは選択ミスなのでそれを指導をすることで改善します。
でも、そもそもの形態が変えられないと希望に添えないこともあります。

 

今回の相談は、前歯の1本ずつの方向が気になることと、少し外れかかっていることで歯茎の調子が悪い、とのこと。
う~ん、外すしかない。

 

何か月もお掃除で通っている間に決断され、治療が始まりました。

 

DSC_1077

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは、歯並びによって深い位置で咬んでいるため、笑った時の前歯の位置が低いこと。下の歯が見えないこと。
そこも踏まえ、歯の位置を高くし、加えて歯のないところにまるで歯があるような形態をつくることから始めました。

ちょっと外科の写真になるので、ここで載せるのは遠慮しておきますね(笑)

最終的な歯茎の状態。

 

DSC_1304

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして最終的なものの状態です。

 

DSC_1295

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎回書きますが、ここまでは治療。

大切なことは、ここからどれだけいい状態で長持ちするか、ということなんです。

まるで治療してないような自然な形で、いつまでも自分の体の一部として機能してくれる、そんな歯を目指しています!

仮歯の大切さ


 

歯の治療において、仮の歯を入れて経過をみる場合が多くあります。

 

当院での仮歯は、その形態や機能をはたしているのか確認するために使用する「プロビジョナル・レストレーション」として使用すます。

 

DSC_0162

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左上1番目の歯を治療する場合

 

DSC_0232

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

通常通りに作ったレジンの仮歯にコンポジットレジンと言われる治療に使用するような材料で歯茎の境目を作っていきます。

 

1554175900241

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのあと、形成にも使用するマイクロスコープ「顕微鏡」にて綺麗に仕上げていきます。

 

1596417362268

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕上げをしている姿です。

 

DSC_0245

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仮歯を装着したところです。

 

DSC_0347

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最終的な補綴装着の際の状態です。
削ったり印象を取ったりすると歯茎の形は一時期的に影響を受け、少し形が変わります。
そのため、コンポジットで修復し、プラークの付着を最小限に抑え、安定するまで時間を置きます。
そうすると、このように全く出血もなく、きれいな状態になり、装着物を入れることが出来ます。

 

DSC_0364

 

 

 

 

 

 

 

患者さんにも協力いただいて、いい状態で終えることが出来ました!
長持ちしてくれると思います♪

 

永久歯が無い!


 

そもそも永久歯が存在しない、ということがあります。

 

その場合、乳歯が残りますが、だいたい30~40代になるとその大半が抜けてしまいます。

 

それまでに、自分でどのような治療をしていったらいいのか、しっかりと担当の歯医者さんと話をしておくのもいいかもしれませんね!

 

今回は、左上の5番目の第2小臼歯が先天的に欠損、乳歯が残っていましたが、とうとう自然脱落。

 

荻田_裕美那

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インプラント治療に臨むことになりました。

 

上顎洞という空洞までの骨の長さが6mmと薄かったので上顎洞挙上術という技でインプラント埋入!

 

15950418531162

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

患者さんも初めてなのは当たり前!

 

スタッフ含めて声掛けしたり、お話しながらリラックスムードで進めましたが、それでも緊張してたかもしれませんね(笑)

 

しっかりといいポジションに埋入されています!

 

荻田_裕美那2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あとは検診とともに経過観察。
定着したら歯が入ります~♪

2 / 1612345...10...最後 »

バックナンバー

ページ先頭へ戻る